シンデレラアップ

シンデレラアップは副作用で乳がんに?ピルとの併用や生理中は飲んでも安全?

投稿日:

シンデレラアップはバストアップサプリメントとして人気のアイテムですが、それだけに副作用の危険性はない?といった不安の口コミもあります。

  • 乳がんの危険性は?
  • ピルとの併用は?
  • 生理中はどう?

といった女性特有の疑問も当然、出てくるものです。

これはシンデレラアップに限ったことではなく、どのバストアップサプリメントにも言えること。

 

では、それはなぜなのでしょうか?

シンデレラアップと乳がん・ピル・生理中と副作用の関係についてみていくとその答えが分かりますよ。

 

シンデレラアップには副作用があるって本当?

シンデレラアップは副作用で乳がんに?ピルとの併用や生理中は飲んでも安全?

シンデレラアップは、東京美容外科の麻生総括院長が監修したバストアップサプリメント。

  • エラスチン
  • プラセンタ
  • プエラリア
  • ミラクルフルーツアグアヘ
  • ワイルドヤム
  • 大豆イソフラボン
  • ザクロエキス

といった7つのバストアップ成分で、あなたのバストを豊かに育てていきます。

多くの成功者が出ているバストアップサプリメントではありますが、心配されるのは副作用ですよね。

 

シンデレラアップにも含まれているように、こうしたバストアップサプリメントには『女性ホルモン』に作用する効果を持つ成分が配合されています。

もちろん、美容成分も配合されているので、女性にとっては嬉しい効果があるのは確かです。

 

ただ、特に『プエラリア』は、エストロゲンに似た働きを持っていることでも知られる成分。

この成分の働きによって乳腺が刺激され、発達することでバストアップ効果が期待できるのです。

しかしながら、女性ホルモンと似た働きをするということは、それだけカラダへの影響も大きいということ。

飲むタイミングや過剰摂取によってはホルモンバランスの崩れを引き起こします。

 

女性ホルモンの分泌バランスが崩れると、皮脂腺を刺激するプロゲステロンの働きが過剰になり、そのせいで肌荒れやニキビが発生することがあるのです。

それ以外にも胃部不快感や吐き気といった症状を起こす人もいるのが現状です。

 

とはいえ、シンデレラアップは医薬品ではないため、おくすりのような副作用を起こすような配合はされていません。

1日の推奨摂取量を2粒としているので、それ以上飲まなければ副作用の心配は本来はないんですね。

正しく継続することによって、美容成分の働きとともに理想のカラダ作りをサポートしてくれるのです。

 

シンデレラアップに含まれているエラスチンについて詳しく知りたい人は別記事を参考にしてみてくだsだい。

>>エラスチンはバストアップに効果的?

 

乳がんはどう?

ただし、先程お伝えしたように“飲むタイミング”や量によっては様々なリスクが高まります。

シンデレラアップを飲んだからといって乳がんになるわけではないのですが、そういった噂が広まったのには訳があります。

 

実際に、甲状腺異常や乳がん・子宮がん・卵巣がんといった疾患を抱えた人はホルモンの影響を受けやすく、『プエラリア・ミリフィカが乳がん細胞を増殖させた』という試験管内の実験結果はよく知られ得ていることです。

こうした疾患やホルモンの変調のある人は、プエラリアや大豆イソフラボンなど、エストロゲンを促進するサプリメントの摂取は避けるべきなんです。

 

シンデレラアップの副作用はピルとの併用が原因なの?

そういった意味では、ピルを常用している方はバストアップサプリメントを飲むべきではないですよね。

ピルは通常、避妊薬として知られていますが、実際には生理周期を修正したり、生理痛を緩和したりする効能があります。

また、子宮内膜症の改善も期待できるとされているほど。

 

その仕組みは、『エストロゲン』『プロゲステロン』という女性ホルモンの作用に似た働きを起こし、脳が妊娠していると勘違いすることによって排卵を抑制するもの。

そうして、卵子の着床を阻止したり、精子が侵入するのを防いだりして妊娠するのを防ぐというはたらきをします。

 

つまり、女性ホルモンの成分濃度がバストアップサプリメントと重複してしまうことで、血中濃度が過剰な状態になってしまうわけですね。

この状態が続くことによって、ホルモンバランスが乱れ始めていき様々な症状を引き起こすことになるのです。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 生理不順

などの副作用を引き起こす可能性が高くなります。

 

また、シンデレラアップにも含まれている『大豆イソフラボン』も女性ホルモンと似た働きをすることが分かっています。

女性ホルモンを補う意味では、生理不順や肌荒れなどを予防する効果を期待することが可能ですし、骨を丈夫にしたり血液をサラサラにしたりと、様々な効能が期待できる成分です。

しかしながら、ピルのような女性ホルモンに作用するお薬を服用されている場合、エストロゲン過多となり副作用が生じる場合があります。

 

ピルだけの服用でも副作用として吐き気をもよおすことがありますが、大豆イソフラボンを一緒に摂取することで体内のエストロゲン濃度が高まり、副作用症状を引き起こす原因になります。

 

前述したようなプラセンタやチェストベリー・チェストツリーなど、女性ホルモンの分泌を促すと言われている成分の入ったサプリも避けるべきです。

ただ、食事からの摂取は極微量ですので問題ないとされています。

 

シンデレラアップの副作用は生理中に飲むから起こる?

シンデレラアップに限らず、バストアップサプリメントには女性ホルモンである『エストロゲン』の分泌を活性化させる効果があるので、生理中にも配慮が必要となります。

生理中は、エストロゲンが最も多く分泌される卵胞期に合わせて飲むのが最も安全で効果的であるとされているのです。

 

卵胞期とは、生理が始まってから排卵が起こるまでの期間のことで、この『エストロゲン』の分泌が促進されるのが、生理後から排卵日前日の『卵胞期後期』とされています。

この時期は、肌の調子も良くなり、基礎体温も上がっている時期です。

つまり、生理後から約1週間程度シンデレラアップを飲み続けると効果を高めることができる可能性が高いと考えられるということですね。

 

ということは、黄体期である生理中は『プロゲステロン』が優位にくることになりますので、この時期にエストロゲンの分泌を促すプエラリアなどの成分が含まれたサプリメントを摂取すると、ホルモンバランスが乱れてやすいということ。

  • 不正出血
  • 生理不順
  • 頭痛
  • 吐き気

といった副作用症状を起こしやすいと考えることができます。

 

シンデレラアップは妊娠中に飲んだら副作用になる?

妊娠中も同様、女性ホルモンのバランスが乱れやすい時期となります。

また、摂取した栄養分や使用者の体調の影響を受けるため、お腹の中の赤ちゃんのことを考えると当然、摂取すべきではありません。

 

妊娠から出産・授乳は、女性にとって人生最大のイベントでもあり、それが終わった後の反動を気にされる方も少なくありません。

実際に、授乳期間が終わると胸の垂れや離れ、サイズの低下などを懸念してバストアップを願う女性もいますが、サプリメントの服用はおすすめできません。

この時期は、適切なブラジャーを着用して栄養バランスに留意することが先のバストへとつながるでしょう。

 

シンデレラアップは副作用で乳がんに?ピルとの併用や生理中は飲んでも安全のまとめ

シンデレラアップはピルを服用していたり、生理中や妊娠中は使用すべきではありません。

乳がんに関しても、サプリメントが原因で引き起こすというよりは、症状を助長してしまうといった見解がいまのところのものとなっています。

これはシンデレラアップに限らず、バストアップサプリメントには共通するリスクとなりますので、必ず知識として持っておきましょう。

こうした時期にバストアップを意識するのであれば、ナイトブラを着用することや、もちろん自分に合ったブラジャーを着用すること。

  • 栄養バランス
  • 睡眠の質・時間

にきちんと配慮することこそが最も効果的な方法ですので、あなたの生活に合わせてやれることを最大限に取り組んでいくことが重要です。

実際にシンデレラアップを飲んだ人の中に、副作用に関する口コミを書いている人がいました。

詳しくはシンデレラアップの口コミをご確認ください。

>>シンデレラアップの口コミで副作用を確認する!

 

-シンデレラアップ

Copyright© シンデレラアップの口コミや副作用 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.